入社の決め手はなんですか?

本当のモノづくりをしている会社に入りたい。そう思っていました。採用サイトを見て企画営業課の先輩の仕事に対する姿勢に共感し、企画から製造までを一貫して行う会社だと知り、タカラ産業を志望しました。

オリジナル製品・OEM製品について苦労した思い出やエピソードを教えてください。

製品開発までのプロセスに、苦労しています。 企画に携わっていますが、これは思いつきをまとめればいいというものではありません。 市場性、ニーズ、他社との差別化、自社技術で製品化できるのか。類似製品はないか。あらゆる可能性と照らし合わせて検討します。根拠づけに使う数値資料は、出典が明らかでないとダメ。高確率で売れる、というところまで企画に理論武装させるのが企画営業課の仕事だと考えます。どの鎧が正解という答えがないのもやっかいなところです。 「なんとなく」が通じない世界なので、アドバイスをもらって模索をくり返す毎日です。経験をふやして、1年前とは違う提案ができるようになりたいですね。

仕事のやりがいを教えてください。

ウェブ用バナーを制作した時のこと。企画営業課は結果が全てというところがあります。悩みに悩んだ作品だけに、全く自信を持てない作品でしたが、デザインがわかりやすかったのかいつもより高い誘導率を達成することができました。どんなに小さな仕事でも、そこから広がり、必要とする誰かに情報を届けているのだと気がつくことができました。

趣味や休日、終業後の過ごし方を教えてください。

商業施設や家電量販店で、新製品のパッケージや目新しいサービスをチェックするようにしています。自主調査の後は、大好きな映画を楽しむことも。アウトドア期とインドア期がはっきり分かれていて、インドア期の休日は家でゴロゴロして過ごすこともあります。

ある日のスケジュール

社会人は「今日すべきこと」を自分で考えます。
比嘉さんの、とある1日をのぞいてみましょう。

7:30 起床

朝が苦手ですので、ベッドから出るのに毎朝苦労しています。

8:40 出社

なるべく元気よく、「おはようございます」と挨拶します。

9:00 メール&スケジュールチェック

メールと1日のスケジュールを確認して、おおまかに段取りをつけます。

9:15 お問い合わせ対応

自社運営のネットショップから入る問い合わせに対応。問い合わせ内容は、製品の併用など使い方に関するものが多いです。

10:00 校正作業

カタログや自社ウェブサイトへの修正・変更内容をまとめて、反映指示を出します。

12:00 昼食

外食することもあれば、お弁当を持ってくることもあります。その日の気分やお天気で食べる場所を変えています。

14:00 営業活動

営業資料の作成、テレアポ、お客様訪問。アポイントを取れる頻度がだんだん上がってきています。

16:00 企画

オリジナル製品の企画を提案資料に落とし込みます。資料作成までには、リサーチや資料当たり、お客様リサーチなど長いプロセスがあります。

19:00 帰宅

スーパーで夕食の買いだしをして帰ります。

23:00 就寝

大好きな映画やその情報などをスマホで見ながら、いつのまにか眠ってしまうことが多いです。

学生へのメッセージをお願いします!

学生という肩書は、皆さんが思う以上に貴重なものです。学割とか物理的なことだけではありません。「これからは気をつけて」など、学生という身分だから許してもらえる「うっかり」の範囲って実は結構広いんです。ですから、興味があることにどんどんチャレンジしてください。チャレンジしたこと、失敗したこと、そこから生まれる人とのやりとりが人生の肥やしになっていきます。「学生の時の経験が役に立っているんだな」なんて、10年、20年経って実感できることもあると思います。のびのびと、思うままに。未来で振り返れる経験・体験を増やしてほしいと思います。

ENTRY

エントリー

TOP